初心者向け一眼レフとその特徴

初心者向け一眼レフの機種紹介

インスタグラムをはじめとした写真共有アプリの影響からか、一眼レフカメラで本格的に写真撮影を始める人が増えています。しかし、最初の一眼レフの選び方に戸惑う人も少なくありません。一眼レフ初心者に向いているカメラをいくつか紹介します。

まずチェックしたいのが、CanonのEOS Kissシリーズです。一眼レフ業界では初心者モデルの定番となっています。操作の容易さと、初心者に向けたビジュアルガイドなどが用意されている点が大きな特徴です。とはいえ、簡易版というわけではなく、十分な解像度や機能を兼ね備えている機種が多い印象です。とても認知度の高いシリーズなので、インターネットに操作方法などの解説が多いのも安心です。

Canonと双璧と呼べるメーカーがNikonで、中でもD3500は初心者向けに開発されたモデルです。扱いやすいようにコンパクトに設計されており、カメラの扱いに慣れていなくても落とす心配がありません。SnapBridgeという専用のアプリと連携することで、その場で撮った写真や動画をスマホに送ることが可能です。パソコンの操作が煩わしいという人でも使いやすくなっています。

初心者向けの王道とは言えませんが、PanasonicのLUMIXDC-GF10もチェックしておきたい製品です。自撮りに特化したミラーレス一眼カメラで、顔認識機能やスクリーンを反転させ、自分の顔を見ながらシャッターを押せるセルフィー機能などがあります。

一眼レフカメラは安い買い物ではないので、しっかり情報を集めて、確かなものを選びましょう。