初心者向け一眼レフとその特徴

一眼レフの選び方

画質の良さを求めて一眼レフを始める人が増えています。スマホの性能が上がったとはいえ、一眼レフにはまだまだかないません。スマホカメラが一眼レフを超える見立ては立っておらず、今後も一眼レフの需要は伸びていくと予想されます。しかしこれから一眼レフデビューするには、どのようなモデルを手に入れればいいのでしょうか。

一眼レフ初心者が新しいカメラを買う時にまず気を付けたいのが、カメラのサイズです。高機能のカメラは大きいものが多いですが、扱いに慣れていないと落としてしまったり、運び方や片づけ方を間違えてしまって傷つけたりしてしまいます。また、三脚やストラップなどのアクセサリーも必要になるので、いきなり出費がかさんでしまいます。とりあえず最初は手に収まるコンパクトなものを選びましょう。

次が操作のしやすさです。一眼レフの操作の仕方は機種によって違います。せっかく買ったのに操作方法が分からず、いまいち使いこなせないともったいないですよね。初心者向けに作られ、操作方法の説明が丁寧なものを選びましょう。NikonやCanonなど王道のモデルは説明が丁寧な傾向にあり、インターネットで情報を見つけやすいので、無理にこだわらず一般的なメーカーの一般的なモデルを探しましょう。

また最初に買うモデルは、必要な機材やアクセサリーがすべてセットになったものを買いましょう。一眼レフカメラは本体とレンズに分かれており、さらにSDカードやストラップ、ケーブルなどの付属品も必要になります。バラバラに買うと、型が合わないものがあったり、何か足りなかったりしてしまいます。あらかじめセットになっているものを買うのが吉です。